新しく買ったPCパーツのレビューなどをしていきます。 このブログの名前は、僕が最初に買ったCPUであるAMD PhenomII X4 965 Black Editionのコードネームである「Deneb」に由来します。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
    電源装置の換装とファンコンの追加
    2013-06-15 Sat 22:34
    お久しぶりです。
    自作PC4号機の電源装置の調子がおかしかったので良い機会だと思い、換装することにしました(*^^*)
    またファンの回転数を自由にコントロールしたいと思い、ファンコンも追加しようと思いました。
    今回購入した電源装置はSST-ST1200-G-E
    ファンコンはKM05-BKです。

    電源
    DSC_0443.jpg
    ファンコン
    DSC_0444.jpg

    今までついていたものはENERMAX製の800W電源でした。

    箱から出したところです。
    DSC_0449.jpg
    筐体の大きさは変わらないようだったので。特に干渉とかはないだろうと思い、そのまま組み込みました。
    DSC_0456.jpg
    組み込んだところです。
    まだ配線をまとめていないのでぐちゃぐちゃです(^_^;)
    次にファンコンを組み込みます。
    DSC_0458.jpg
    ブルーレイドライブとカードリーダーの間に5インチベイの空きがあったのでそこへ入れました。これでベイが全て埋まってしまったのでこれ以上の拡張は難しいでしょう。
    ちなみにこの保護フィルムは最後に剥がします。(#^.^#)
    このファンコンは4chでファンをコントロールすることができ、回転数と温度を表示させることができます。付属の温度センサを任意の位置に配置することでPC内のいろいろなところの温度を計ることができます。
    DSC_0453.jpg
    実際に組み込んだ時にちょっとしたチョンボをやらかしました。(; ;)
    蓋を占めて起動すると・・・ん?ファンコンのLEDがつきません、はて、・・・
    なんと、ファンコンの電源をさしていません。
    フロッピードライブ用のプラグをささなければいけないのをすっかり忘れていました。
    これではLEDはつくはずがなくファンも回りません。慌てて電源OFF
    プラグをさしてから再び起動!
    今度は無事ファンも回りました。(*^^*)
    DSC_0462.jpg
    これで、ファンの回転数とケース内の温度を確認することができます。

    やはり、電源の交換は全部の配線を張り直さないといけないのでなかなか面倒ですね。

    では(ヾ(´・ω・`)







    スポンサーサイト
    別窓 | パソコン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    <<おニューのキーボード(*´ω`*) | 天の川星Café | 内蔵カードリーダーをUSB3.0に!>>
    コメント:
    ∧top | under∨
    コメントの投稿

    管理者だけに閲覧

    この記事のトラックバック:
    トラックバック URL

    FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
    ∧top | under∨
    | 天の川星Café |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。