新しく買ったPCパーツのレビューなどをしていきます。 このブログの名前は、僕が最初に買ったCPUであるAMD PhenomII X4 965 Black Editionのコードネームである「Deneb」に由来します。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
    「本格的」ダンボールケースPC自作途中経過
    2012-12-03 Mon 01:12
    自作PC5台目製作開始! の続きです。

    自作PC5台目製作はダンボールケースを用います。
    これまでも数々のダンボールケースを用いたPCが作られてきましたが、そのほとんどは小型で低スペックなものが多く、ビジネスユースとして製作し、人を驚かせる程度にしか作られてきませんでした。そんな常識を打ち破り、今までにないくらい安っぽくて本格的ダンボールゲーミングPCを製作しようと思います。

    まずケースですが、富士通のノートPCの箱を使いました。(この時点でかなりシャレですね)ボソッな

    電源装置とDVD-ROMドライブを組み込んだ時点の画像です。
    _1030093-1.jpg
    最初の方の写真がないのはとり忘れたからです(´・ω・`)
    パーツがずれないようダンボールを小さく切って留め具にします。

    前から見た画像です。ファンにはこの後、金網を取り付けます。
    _1030091-1.jpg
    あえて値札を残します。(100円)ちなみにDVDドライブの製造年は2001年6月となっておりました。

    次に電源スイッチの部分を製作します。こちらは何かのときに買ってあったものを使用します。
    ダンボール片に電源スイッチ(右)とリセットスイッチ(左)を取り付けます。
    _1030096-1.jpg
    電源ランプは今回は省略します。

    次にマザーボードの固定盤の製作を行います。
    _1030097-1.jpg
    ダンボール板にマザーボードの穴に合うように穴を開け、スペーサーをねじ込みます。それだけでは外れてしまうので、スペーサーをホットボンドで固定します。

    マザーボードを取り付ける前にBIOSを更新してもらいに九○九電気のサポートセンターにもっていかなければなりません。
    これ以上作業を進めることができないので、今日の作業はここで終了です。
    次回に乞う御期待。


    スポンサーサイト
    別窓 | パソコン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    <<自作PC5台目製作過程 | 天の川星Café | 自作PC5台目製作開始!>>
    コメント:
    ∧top | under∨
    コメントの投稿

    管理者だけに閲覧

    この記事のトラックバック:
    トラックバック URL

    FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
    ∧top | under∨
    | 天の川星Café |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。