新しく買ったPCパーツのレビューなどをしていきます。 このブログの名前は、僕が最初に買ったCPUであるAMD PhenomII X4 965 Black Editionのコードネームである「Deneb」に由来します。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
    自作PC(4号機)パーツ交換
    2012-05-20 Sun 22:14
    パーツ交換の続きです。
    動画を保存したこのパソコン自身が、再び動かなくなり、動画が投稿できませんでした。
    最終的にウィンドウズ エクスペリエンス インデックスは
    プロセッサ7.6
    メモリ7.6
    グラフィック7.9
    ゲーム用グラフィックス7.9
    ディスクパをーマンス7.3→7.8
    とやはり
    IDE→AHCIはかなり大きいようでした。
    動画↓






    動画は以上ですが、このあとも様々な問題を抱え、OSがおかしくなり、修復を試みるも、CMOSクリアをしたところ、SSDが、DVDドライブよりも先に起動するようになってしまったようで、BIOS(UEFI)にも行けず、困り果てたところ、
    試しにキーボードをPS/2接続のものに変えたところ、BIOSに行けるようになり、起動順番を変更、SSDをフォーマット、SATAモードをIDEからAHCIに変更してからクリーンインストールし、MSI LIVE Update で、各種ドライバインストールをし、ついでにBIOSバージョンをB80から、B0Aに更新したところ、あれれ、起動途中でブルースクリーン強制終了、復元を試みるも失敗、もうこのPC呪われてるんじゃないだろうか、(´;ω;`)そう思ったとき、このタイミングでのブルースクリーンには心当たりがあった、BIOS画面を見たとろ、やっぱり、更新でリセットされてしまったのか、SATAモードがIDEに戻ってしまっていた。僕の短い自作PC歴の教訓の一つに、OSインストール後にSATAモードを変更すると、OSが起動途中でブルースクリーンになるというものがあった。
    再び、AHCIに変更後、再起動、問題なく起動。その他のドライバをインストール後も問題なくどうさし、
    このPCの呪いをすべて解くことに成功しました。
    あとから考えると、ここまで長引いた根本的な要因はキーボードにあったという気もorz、BIOSに入れないのは痛
    いです。
    では以上です。m(_ _)m
    スポンサーサイト
    別窓 | パソコン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    <<USB2.0と3.0の速度比較 | 天の川星Café | パーツ交換>>
    コメント:
    ∧top | under∨
    コメントの投稿

    管理者だけに閲覧

    この記事のトラックバック:
    トラックバック URL

    FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
    ∧top | under∨
    | 天の川星Café |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。