新しく買ったPCパーツのレビューなどをしていきます。 このブログの名前は、僕が最初に買ったCPUであるAMD PhenomII X4 965 Black Editionのコードネームである「Deneb」に由来します。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
    Trinityのベンチ
    2012-04-04 Wed 01:06
    AMD Trinity A8-4500M benchmarked in Folding (Nordichardware.com)

    念願の?Trinity APUのベンチマークが公開されました。今回Nordichardware.comによってベンチマークに使用されたのはノート向けのA8-4500Mです。これが最上位ではありませんが、普及価格帯として見ていきましょう。





























    ProsessorA8-4500M(Trinity)A8-4500M(Trinity)A8-3500M(Llano)
    周波数?1.5GHz~2.4GHz
    Floating Point Speed1655.511679.551580.98
    Integer Speed5214.955662.483921.99
    TDP35W


    と、Floting Point Speedで5.47%
    Integer Speedで38.67%向上しています。
    Trinityのほうが二つあるのは、違う2つのマシンで試したからだそうです。

    TrinityのCPUコアにはBulldozerの進化型であるPildriverが使われておりこれがK10.5に比べてどのくらい上がるのかが気になっていましたが、どうやらかなり性能は向上しており、Trinityだけでなく本命のハイエンドCPUであるVisheraも期待できそうです。
    スポンサーサイト
    別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    <<AMD メモリチップをビデオカード向けにも供給していた。 | 天の川星Café | Trinityの発売日は5月15日か?>>
    コメント:
    ∧top | under∨
    コメントの投稿

    管理者だけに閲覧

    この記事のトラックバック:
    トラックバック URL

    FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
    ∧top | under∨
    | 天の川星Café |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。