新しく買ったPCパーツのレビューなどをしていきます。 このブログの名前は、僕が最初に買ったCPUであるAMD PhenomII X4 965 Black Editionのコードネームである「Deneb」に由来します。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
    AMD FX-8150 レビュー
    2011-11-12 Sat 18:37
    なんとか手に入れたAMD-FX8150のレビューを簡単に書きたいと思います。
    DPP_0001.jpg
    この通りパッケージは缶で出来ています。
    DPP_0008.jpg
    PhenomII X6 1100T Black Editionと並べてみました。
    右がFX-8150です。もちろん大きさや見た目に違いはありません。
    どちらもdiffused in GermanyとあることからGlobal Foundriesのドレスデン工場で切り出されたことが分かります。
    DPP_0006.jpgwidth="219" height="146" />
    箱の中には、CPU本体、クーラー、保証書兼説明書の他に、CPU換装の前にBIOS更新を促す注意書きが入っていました。
    実際に性能を計ってみます。マザーはMSI 990FXA-GD80、メモリはCORSAIR製のDDR3-2000対応のものです。
    このパソコンBOINCのベンチマーク機能を使います。

    Baidu IME_2011-11-12_14-41-52
    Baidu IME_2011-11-12_17-1-24


    前者が、PhenomII、後者がFX-8150です。やはり残念ながら、これまでのベンチマーク通りシングルスレッド性能は向上していないどころか、悪くなってしまっているように見受けられます。

    最後に、オーバークロック耐性とその時の性能向上を計ります。AMD公式オーバークロックツールであるAMD Over Driveを使って少しずつ倍率と電圧を上げていきます。
    結果、簡易水冷で4.6GHzを達成しました。PhenomIIでは、だいたい4GHzが限界でしたので、大幅に向上したといえるでしょう。
    DPP_0005.jpg



    スポンサーサイト
    別窓 | Bulldozer | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    <<Trinity APUのベンチマークがリーク | 天の川星Café | Vishera向けチップセット1000シリーズ登場予定>>
    コメント:
    ∧top | under∨
    コメントの投稿

    管理者だけに閲覧

    この記事のトラックバック:
    トラックバック URL

    FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
    ∧top | under∨
    | 天の川星Café |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。