新しく買ったPCパーツのレビューなどをしていきます。 このブログの名前は、僕が最初に買ったCPUであるAMD PhenomII X4 965 Black Editionのコードネームである「Deneb」に由来します。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
    Vishera向けチップセット1000シリーズ登場予定
    2011-11-08 Tue 21:42



    AM3+向けの新チップセット―AMD 1090FX, 1070の可能性(北森瓦版)
     次世代AMD FX-Seriesに対応するチップセットは9シリーズであり、フラグシップモデルは、引き続き990FXであると思われてきましたが、これが覆され、1000シリーズが用意されるようです。

    (NB)
    1090FX
    1070

    (SB)
    SB1060

     とりあえずフラグシップと最廉価版といった所でしょうか、型番から判断するにどちらもグラフィックチップの内蔵されないものとなりますが、APUがありますから、仮に1090GX等が出てもiGPUはRadeon HD4290から進化しないと思われます。
     サウスブリッジの進化点は次のとおりです。
     
    S-ATA3.0*6→*8
    USB3.0ネイティブ対応

    これ以外はノースブリッジの大きな変更はなく、PCI-E3.0への対応も見送られるようです。AMDやNVIDIAはPCI-E3.0の規格に満足しておらず、4.0を待つ可能性がありますが、依然CrossFireX時のPCI-E*16*2は依然Intelチップセットへのアドバンテージであり続けます。
     AMDの元々の計画では、Zambeziの次はSocketFMx対応のKomodoとなる予定でしたが、これがキャンセルされ、SocketAM3+対応のVisheraがZambeziの次となりました。SocketAM系が延命されるならば、当分はAthlonなどを含む、ミドルレンジ向けが、SocketFMxとなり、ハイエンド向けがSocketAMxとして残るかもしれませんね。
     
    スポンサーサイト
    別窓 | チップセット | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    | 天の川星Café |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。