新しく買ったPCパーツのレビューなどをしていきます。 このブログの名前は、僕が最初に買ったCPUであるAMD PhenomII X4 965 Black Editionのコードネームである「Deneb」に由来します。
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
    MicrosoftからリリースされたWindows Hotfixを適用してみました。
    2011-12-18 Sun 18:12
    AMD のブルドーザーの Cpu のパフォーマンスを最適化する更新プログラム現在はダウンロード不可
    MicrosoftからリリースされたBulldozer CPU用の最適化プログラムをダウンロードしてみました。申し訳程度のレビューを書いてみます。
    Boincベンチマークを走らせます。

    結果

    適用する前:
    2716 floating point MIPS (Whetstone)per CPU
    9452 integer MIPS (Dhrystone)per CPU

    適用後:
    2717 floating point MIPS (Whetstone)per CPU
    9452 integer MIPS (Dhrystone)per CPU

    と、残念ながら、シングルスレッドベンチマークではほとんど変化が見られませんでした。
    スポンサーサイト
    別窓 | Bulldozer | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    AMD FX-8150 レビュー
    2011-11-12 Sat 18:37
    なんとか手に入れたAMD-FX8150のレビューを簡単に書きたいと思います。
    DPP_0001.jpg
    この通りパッケージは缶で出来ています。
    DPP_0008.jpg
    PhenomII X6 1100T Black Editionと並べてみました。
    右がFX-8150です。もちろん大きさや見た目に違いはありません。
    どちらもdiffused in GermanyとあることからGlobal Foundriesのドレスデン工場で切り出されたことが分かります。
    DPP_0006.jpgwidth="219" height="146" />
    箱の中には、CPU本体、クーラー、保証書兼説明書の他に、CPU換装の前にBIOS更新を促す注意書きが入っていました。
    実際に性能を計ってみます。マザーはMSI 990FXA-GD80、メモリはCORSAIR製のDDR3-2000対応のものです。
    このパソコンBOINCのベンチマーク機能を使います。

    Baidu IME_2011-11-12_14-41-52
    Baidu IME_2011-11-12_17-1-24


    前者が、PhenomII、後者がFX-8150です。やはり残念ながら、これまでのベンチマーク通りシングルスレッド性能は向上していないどころか、悪くなってしまっているように見受けられます。

    最後に、オーバークロック耐性とその時の性能向上を計ります。AMD公式オーバークロックツールであるAMD Over Driveを使って少しずつ倍率と電圧を上げていきます。
    結果、簡易水冷で4.6GHzを達成しました。PhenomIIでは、だいたい4GHzが限界でしたので、大幅に向上したといえるでしょう。
    DPP_0005.jpg



    別窓 | Bulldozer | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    ついにAMD FX-Seriesオクタコア版発売開始!
    2011-11-04 Fri 22:25
    とても500個出荷してるとは思えん(hermitage akihabara)
    ついに、はったりではなくAMD FX-8150,FX-8120が店頭に並ぶ日がやってきました、4度目か5度目くらいの正直でしょうか、どうにかSandy Bridge-Eより遅くなってしまうことは避けられたようです。
    別窓 | Bulldozer | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    AMD FX-8150,8120 ついに発売日が決定!?
    2011-10-28 Fri 08:13
    AMD FX-8150/8120は11月4日発売、空冷版FX-8150は11月11日発売 (The AMD's Cafe)
    やっと、我々の待ち望んでいた、AMD FX-Seriesのオクタコア版の発売日が決定したようです。以下の通りです。

     FX-8150水冷版11月4日 (3.4万円)、同空冷版11月11日 (2.5万円)
     FX-812011月4日 (1.9万円)
    結局11月までずれ込みましたが、水冷版の500ユニットが発売されてすぐに空冷版も登場するのはうれしいですね。
     もうこれ以上の延長はないと信じたいです。
    別窓 | Bulldozer | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    FX Series CPUのB3ステッピングが用意される?
    2011-10-18 Tue 22:12
    初代“Bulldozer”がRevision Bで、次の“Piledriver”がRevision Cとなるのでしょうか。(北森瓦版)
    Bulldozerのステッピングリビジョンは現在B2ですが、これが変更され、B3が用意されるようです。プロセスルールはB2と同じく32nm SOI HKMGで、いくつかの更新がなされるそうです。ワットパフォーマンスの改善や、これまでの散々なベンチマーク結果がどうにかなれば良いですね。
     仮にPiledriverがリビジョンCとなるならば、2012年Q1発表予定のTrinityが楽しみですね。
    別窓 | Bulldozer | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    | 天の川星Café | NEXT>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。